ふたり
- / twinklelab
 ふたり
右はAlice Clockで使ったモデル。左は新たに作成したモデル。
以前のモデルの不満点を直したつもりなんだけど、いざゲーム画面に出してみると以前のほうが可愛い。
もったいないけど以前のモデルを使うことにしました。今回作ったのも完成度は高いんだけどな。
| comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
pagetop
アリスのヒミツ
- / twinklelab
 
いちおう歯が描いてある。

このアリスのデータは古くて動かしにくかったりアップに耐えられなかったりして
あまりよい出来ではないので作り直し中なんだけど。
| comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
pagetop
9割引でもいい
めも / twinklelab
 いやいやいやいや
バグもここまでくるとなんとなく嬉しい。

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20100821_bizinformation/

何気に試してみたら・・

9割引でもいいからだれか買ってくれないかな。
| comments(0) | trackbacks(1) | - | - |
pagetop
iOS4対応
開発 / twinklelab
iOS4対応でビルドすると、普通にマルチタスク対応してしまう。
ゲームではセーブせずにコンティニューできるので便利。

iPhoneシミュレータではちゃんと動くようだ。
・・でもマルチタスクは実機で検証しないと怖い感じがする。
実機を手に入れるまでしばらくおあずけだね。

info.plistの設定項目で
Application does not run in background を作ってチェックを入れる。
マルチタスク対応して無いなんて!とレビューされることうけあいです。
| comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
pagetop
iAd検討してみる
開発 / twinklelab
 iAdの表示ができるようになった。
OS4なら問題なく、それ以前のOSなら表示を呼ばなければ
一つのバイナリで動く。
よしよし。


だがまて、
OSをバージョンアップした人から
以前は広告が表示されてなかったのに!って苦情が来るんじゃないの?

さて・・

| comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
pagetop
カードだす〜
開発 / twinklelab

アニメーションが難しい・・。
| comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
pagetop
iPad対応中
開発 / twinklelab
iPadで作成中のアプリをテスト。
iPhoneの2倍モードじゃなくて、ちゃんとしたハイレゾモードで出してみた。

う〜ん、でかい!
今までは「小さいからまぁ、いいか!」とお茶を濁していた部分が拡大されまくり。
これはちゃんと作り直さないと。。
| comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
pagetop
iPad ふぁーすといんぷれっしょん的な
めも / twinklelab
ONKYOの ND-S1は対応してなかった。ショック!
ケースの使い勝手は良いが、入れたままではドックに刺さらない。ショック!


iPhone用のゲームをやってみた感じでは、意外と良い感じ。
あんまり面白くないと思っていたゲームでも画面がでかくなると、それだけでちょっと面白くなる。^^;
考えてみれば、この大きさのポータブルゲームマシンは無かったもんね。
新鮮で当たり前だ。

画面を2倍にしたときにハイレゾにはならないまでもフィルターがかかるアプリとかからないアプリがある。
謎。これは宿題。

スピーカーの音がちょっと良くなって、サンプルレートの低いBGMとかは辛い感じ。
作成中のアプリのレートを少しあげることになりそうだ。

いままで重かったアプリもサクサク。
iPhone 3Gとの性能の差がだいぶ出てきて、妥協点をどこに持っていくか悩むかも。

| comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
pagetop
Unwrellaを試してみる
開発 / twinklelab
UV展開。
この作業如何によってテクスチャのクオリティや描きやすさが変わってくる。
大変地味なチマチマした作業であり、上手く出来たときの達成感はあるんだけど、
時間は掛かるし甚だめんどくさいものでもある。
だれも褒めてくれないし。

そんなわけで、Unwrella というツールを試してみた。
UV展開に掛ける時間を無くせるなら安いものである。

結論から言えば、
ローポリのゲーム作成にはやっぱり厳しいかも。
今まで培ったノウハウがあるから、プラスアルファで少し便利になる、ぐらいかな。

でもテクスチャ容量をあまり気にしないムービーやHDクオリティのゲームになら便利かとおもう。
むしろ使うべきでしょう。


このぐらいのモデルではUnwrellaの本領を発揮できないとも言える。

「この辺の解像度を犠牲にしてこっちの解像度を上げよう」とか
「この部分でUVカットすれば繋がりが気にならない」とか
「ここはリピートの方が楽じゃね?」とか。
ローポリならではの技が自動化されれば最強だとは思う。
| comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
pagetop
ねずねずっ
開発 / twinklelab
ねずねずっ

スケルトンを作成してポーズをつけると急激にかわいくなります。

| comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
pagetop
<< | 2/4 | >>

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--